食文化 Food

寒い季節の紅茶はフレーバーティで癒されましょう

リラックスタイムに香り高い紅茶!

真夏のアイスティーも良いですが、少し冷え込んだ日の暖かい紅茶は心もも温まる癒しのひと時。

良い香りはとても夢心地な気分にしてくれるのでお気に入りのフレーバーティーは常備していたいですね。
もう沢山のブランド紅茶がある中でどこの何を選んだら良いんだか?

ここでは筆者の個人的嗜好をほんの少しだけご紹介してみます。

 

アールグレイなら「AHMAD TEA」

紅茶と言えばイギリスということでまずは「AHMAD TEA・アーマッド ティ」高品質で良心的価格のブランドです。
1953年に創業の創業時はセレブ御用達だった紅茶を庶民でもリーズナブルで提供できるようにしたことが始まりのようです。その「AHMAD TEA・アーマッド ティ」の中でも人気はアールグレイ!ベルガモットの香りがしっかりしていて他のアールグレイよりもフレーバーが強く感じます。たっぷりのミルクでロイヤルミルクティーにするのが一番ですが、ストレートでも爽やかに香りを楽しみながら飲める紅茶です。

 

アーマッド公式サイト

created by Rinker
AHMAD TEA (アーマッドティー)

 

アップルティの王道「FOUSHON」

次はフランスの紅茶と言えば「FOUSHON・フォション」こちらも古く1886年創業です。世界のトップブランドとして紅茶以外にジャムもおすすめ。フレーバーティの大御所「「FOUSHON・フォション」からはアップルティーがなんといっても大人気のようです。こんなにアップルが香るアップルティーは他ではないように思います。セイロンティーがベースで香りとマッチした紅茶の渋みがなんとも言えない感じです。どんなにいろいろなブランドがってもアップルティーは他では買わないくらいですね。

 

「LUPICIA・ルピシア」の世界のお茶

そして日本から世界は発信している世界のお茶専門店「LUPICIA・ルピシア」も忘れてはいけません。
紅茶以外もありますが珍しいフレーバーティーがあり、季節ごとの限定フレーバーも人気です。今回はクリスマスシーズンに向けて「CAROL・キャロル」が良いですね。甘いストロベリーとバニラの香りにローズの華やかさをプラスした、こちらもミルクと相性がいいフレーバーティー。

「LUPICIA・ルピシア」はナッツやフルーツに花の香りをプラスした商品が多く、ベースは紅茶以外に烏龍茶、緑茶もあります。紅茶葉と一緒に紛れたドライフルーツや沢山の花びらが見た目にも楽しませてくれるので、ガラスのティーポットで入れるのがおすすめ。

最も華やかなのは「WEDING・ウエディング」結婚式のフラワーシャワーをイメージした桃の香りをベースにした紅茶は、ピンク・イエロー・ブルーの花びらが沢山入っています。もう見ているだけで幸せな気分になりますよ♬

 

 

-食文化 Food

© 2021 glarche Powered by AFFINGER5