暮らし Lifestyle

珪藻土のバスマットを選ぶなら国産ブランドの”soil(ソイル)”

珪藻土のバスマットはご存知ですか??

藻の種類で珪藻の殻が化石化したものからなる岩石が珪藻土です。
成分は主に二酸化ケイ素。
珪藻の殻を壊さない程度に粉砕することで小さな孔がある土が珪藻土として利用されます。

吸着や吸水性が高い素材は建材にも利用され、珪藻土は保温性や吸湿性にすぐれた壁土として昔から利用されています。

 

soil 珪藻土 バスマット ライト

珪藻土のポーラス状(多孔質)の性質をいかしたバスマットが、自然派思考の方々に使い勝手がよいと人気があり、様々な商品が出回っています。中にはセラミックや他の成分を混ぜ込み粗悪な物もあるため、珪藻土のバスマットをお考えなら国産メーカーの「soil ソイル」が安心です。

 

しっかりしたコンセプトにより、左官の高い技術を用いた珪藻土のプロダクトを幅広く手がけているsoil ソイルから販売されている珪藻土のバスマットは「light ライト」「wave ウェーブ」「aqua アクア」さらに正方形や大判サイズなどもあり種類も豊富でお好みのものがみつかるでしょう。「soil GEM」シリーズは珪藻土に「ひる石」を混ぜ更に吸収率をアップした商品です。

 

もうバスマットは洗わなくていいんです

珪藻土のバスマットはその吸水性を利用して湯上りの濡れた足元の水分をしっかり吸い取り、表面に水分を残さないため水がたまってビショビショになる事もないのです。乾きも速くカビの心配も少ないので結果としてバスマットの洗濯という一仕事がなくなる!

なんて素敵なことでしょう♬

実際に乾かす必要がないかどうかは、使用する環境にもよるので、珪藻土のバスマットの下にスノコを敷いて置くのも良いでしょう。そうすれば床との間の湿気も気にならず本当に置きっ放しで使える優れものバスマットになります。

soil ソイルはバスマット以外にも色々あり食品の保存に役立つ乾燥剤としても可愛い商品があります。

 

使用上の注意や手入れについて

珪藻土は土です。

あまり余計なものを入れず土を固めたとなっては、やはり割れやすいんです。

まず置き場所に気をつけましょう。床は平らで床板の繋ぎ目の段差などがないところで使用を心がけないと人の体重が掛かった時の圧力が偏ると、そこを支点として割れてしまうことがあります。

普通に使っていて、そうそう割れないと思いますけどね。

では洗わなくていいと言ったが手入れは必要なのか?珪藻土のバスマットは使用頻度によるので期間は断定できませんが、しばらく使用していると表面の目が詰まるのか吸水が弱くなっています。その場合、耐水ペーパー(耐水性の紙ヤスリ)で表面をサッサっと撫でるように削っていきます。削りカスの粉は払って掃除をしたら。また元のような吸水性を取り戻します。

このことからある程度で買い替えも必要なのかも?
バスマットの交換時期と考えればそれ相応なのでしょう。
頻繁に洗う手間を考えれば何よりも、使い勝手と見た目のお洒落な感じは譲れないかしらね・・・

soil ソイル 公式サイト

-暮らし Lifestyle

© 2021 glarche Powered by AFFINGER5