暮らし Lifestyle

カーテンとハニカムシェードで遮光と断熱をアップ

冷え込みの激しい季節は窓辺の断熱にプラスしてほしいのが、ハニカムシェードもしくはハニカムスクリーンと呼ばれている見た目はよくある不織布で出来たプリーツスクリーンのようですが横から見ると6角形の空洞があり、まるで蜂の巣が縦に並んでいるようです。

ハニカム(蜂の巣)構造は、遮光・断熱効果の高く効果的に省エネを実現。

ハニカムシェードを今までのカーテンにプラスするだけで、より快適な窓辺を体感できます。

 

進化型プリリーツスクリーンの「ハニカムシェード

空洞になっている部分に空気の層ができることで、外と室内を遮断する効果が高く冬は寒気から夏は熱気が伝わるのを防いでくれるのです。

二重構造のため不織布のような薄い素材で遮光も問題なく、西日の射すお部屋にもおすすめできます。

特に実感できるのは冬場の温度差ですね。

窓の構造にもよりますが、どうしても窓際から冷気を感じる時にハニカムシェードを閉めてしまうだけかなり違います。さらに一般的なレースのカーテンとメインのカーテンを閉めてしまえばエアコンの効きもよくなり省エネに繋がりますね。

もちろん真夏の日差しも遮断してくれるので、どの季節でも省エネが期待できます。

そしてカーテンが陽の光で傷むのも避けられるため、遮光カーテンでは中々ないちょっと素敵なデザインのレースカーテンと併用できるのもポイントです。

意外と知られていないハニカムシェードを機会があれば是非設置してみてはいかがでしょう?

-暮らし Lifestyle

© 2021 glarche Powered by AFFINGER5