暮らし Lifestyle

GLOBAL グローバルの包丁・厳選おすすめの3本

出典 YOSHUKIN GLOBAL

 

家庭で日常的に使う包丁について、大きく好みが分かれるところですね。

個人的には、刃と柄の部分に継ぎ目がない方が、隙間に汚れがたまらず清潔で、耐久性に優れているため好みです。そうなってくると素材はステンレスがベストになってきます。

最近ではオールステンレスの包丁をよく見かけるようになりましたけれど、1983年に日本で「GLOBALグローバル」シリーズの包丁を発表した、吉田金属工業の包丁が群を抜いています。

いくつもシリーズのある中から、一般家庭で使うグローバルのおすすめ包丁は何本あれば良いでしょう?

いくら料理好きでも、全ての種類を揃える必要はありませんよね?
最低限プラスαくらいでおすすめしたいと思います。

 

吉田金属工業・グローバル包丁の魅力

出典 YOSHUKIN GLOBAL

 

1954年に、新潟県の地場産業の洋食器メーカーからはじまり、1960年にステンレス包丁を発表。さらにテーブルナイフの技術を包丁にとりいれ、1983年「オールステンレス一体構造包丁のGLOBALシリーズ」世に送り出し、今では世界中の一流シェフから一般家庭にまで、高く支持されるようになっています。

グローバルの包丁は、前衛的すぎるため日本ではなかなか受け入れられず、1988年ドイツの国際見本市で世界から賞賛されることで、注目したのち逆輸入のかたちで日本で認知されるようになりました。

その後、数々の国際的なデザイン賞を受賞し、包丁業界にオールステンレスのジャンルを確率しています。

 

グローバルの包丁・刃の特徴

  • 一般的な包丁の刃→
  • ←GLOBALの包丁の刃

グーロバルの包丁が刃先の形状が一般的な包丁と異なっています。

刃先を滑らかな形状をしており、食材を鋭利にカットすることに優れているため、一般的な包丁よりも切れ味が良くに使い勝手に差が出てきます。

刃と柄を一体型にしたことで、長期的な使用でのぐらつきを防ぎ、安定感があるのも料理人に愛される理由です。

スムーズな切れ味とスタリッシュなデザインは、毎日の料理を楽しくするキッチンツールとしても重要な役割を果たしているグローバルの包丁は、種類が豊富にあります。

洋包丁だけでなく和包丁の「出刃」「パン切り」「チーズ用」「皮むき用」「フレキシブルナイフ」など、多種多様に揃えているため、どれを購入してよいか少し迷ってしまいますね。

いざ、購入しようと思うと最低限これだけあれば、とりあえず満足できるという、おすすめの3本を厳選して紹介してみました。セット販売を併用して賢い買い物のお役に立てればと思っています。

 

グローバル包丁のおすすめセット(牛刀3点セット)+パン切り包丁

出典 YOSHUKIN GLOBAL

 

グローバルの包丁の基本となる1本の選び方から、迷ってしまいそうですね。

これは好みが分かれるところですが、家庭で日常的に使用するオールマイティーな1本となるとよく「三徳包丁」や「文化包丁」があげられます。日本風洋包丁な要素で、野菜や肉類など何にでも使いやすいとられています。

そして、世界的に視野を広げるとシェフは「シェフナイフ」日本で言う「牛刀」をメインに使用するのが一般的です。私ははじめ、とりあえずの1本として「三徳包丁」の刃渡り18cmを購入しましたが、失敗でした。

あくまでも個人の好みですけれど、刃渡りは20cmある方が幅の広い野菜を切るときに便利なのと、肉や魚をスライスするときには、もう少し刃の幅が狭い方が使いやすいのです。ということでグローバルの「牛刀」20cmを購入したとこと、毎日の料理には欠かせない1本となりました。

メインの1本が決まったところで、もう1本ペティナイフのような小型包丁があると便利です。果物や小さなものをちょっと切るときに、取り出しやすく気軽に使えるところが気に入っているので、グローバルから販売されている「牛刀3点セット(牛刀+ペティナイフ+シャープナー)」を選びました。

この2本が、あればほとんど困ることなく満足いくセットです。

そして、パン好きの私は、グローバルのパン切り包丁を追加して、計3本のグローバル包丁を所有しています。ジョジョに追加して、まだ欲しいシリーズがありますが、はじめに買うなら当面はこの3本で充分に良い感じです。

パン切り包丁は、他社からパン切り包丁の有名ブランドが多くあり、もう少し安価でも見つけられます。しかし同一のブランドで揃えたい私は、グローバルを選んだところ、これがまた抜群の切れ味なのでおすすめします。

バケットのようなハード系もザクっと刃が表面のクラストを掴みサクサク切れるし、焼きたてのやわらい食パンも力をいれずに横に引くだけでカットできるため、パンを潰すことがありません。ほんとに素敵なパン切り包丁です。パン好きな方はぜひ、グローバルのパン切り包丁も追加で購入してみてください。

 

グローバル包丁のおすすめ3本セット(牛刀4点セット)

出典 YOSHUKIN GLOBAL

グローバルの包丁、おすすめの3本の別バージョンは「牛刀4点セット(牛刀+ペティナイフ+皮むき+シャープナー)」です。こちらはまとめてお得なセットなので、パン切り包丁に興味のない方は、セット商品が便利に使えるのではないでしょうか?

皮むき用の小さな包丁な、ニンニクや生姜などの薬味を切るときに重宝します。なくてもペティナイフで代用できるのですが、ひとつ持っていると使い勝手が抜群の包丁なのです。

[sc name="global chefknife set"]

おすすめは「牛刀セット」ですが「三徳セット」もあります。お好みで選んでみると良いですね。
付属のシャープナーは、セラミックの砥石で、料理途中でもサッと簡易的に包丁を研ぐのに便利です。

 

 

グローバル包その他のおすすめ

出典 YOSHUKIN GLOBAL

おすすめの厳選した3本以外にも、グローバルの包丁は多種多様に揃っているため、いろいろ欲しくなってしまいます。チーズが好きな私としては「チーズナイフ」は必須です。

ゴーダのようなハード系やカマンベールのようなソフト系など、チーズをカットするのは、やはり形状が考えらている専用のチーズナイフが使いやすいですね。

それから「フレキシブルナイフ」といって、包丁の刃が、やわらくしなるシリーズがあります。硬い食材をそぎ落とすようにカットするときに1本あると便利ですよ。

食材を薄くスライスするときには、スライサーもおすすめです。お刺身やローストビースのスライスは牛刀でもできなくはないけれど、スライサーがあると尚良いという感です。

グローバルの包丁は一度使うと他の包丁には戻れないくらい、使用感が良くいろいろと周りにおすすめしたくなってしまいます。今ではオールステンレスの包丁が多く出回っていますが、しっかりとした作りと洗練されたデザインから、多くのシェフ御用達となっているグローバルの信頼度は、評価が高く安心できるでしょう。

ステンレスキッチンツールのおすすめ!柳宗理デザインのおたまやボール

-暮らし Lifestyle

© 2021 glarche Powered by AFFINGER5