暮らし Lifestyle

定額制のメルスプランでコンタクトレンズを使う

種類が豊富なコンタクトレンズの選び方について、コンタクトレンズは主にハードとソフトの2種類に「使い捨て」「定期交換」など仕様別になています。

ここではカラーコンタクトではなく視力矯正のコンタクトレンズについてのご案内です。

視力の状態、近視・遠視・乱視によってもコンタクトレンズの選び方はことなり、適切なレンズを選んで瞳にを大切にしたいものです。

本当はコンタクトレンズよりメガネのほうが瞳に優しいのですけれど、コンタクトレンズが便利だったり外見も違ってくるので難しいところです。私のように乱視がきつくてメガネだと度数がうまく合わないためコンタクトレンズを使用している場合もあり、一概にメガネをおすすめするわけにもいきません。

 

ハードレンズは痛いから目に良くないのでは?

瞳の黒目の部分より少し小さいサイズのハードレンズ。

こちらは酸素透過生ハードレンズといって硬いプラスチック素材で高い視力矯正効果があり乱視に適しています。

サイズが小さく覆われる部分が少ないことと、角膜に酸素を通しやすい素材のためソフトレンズより目に優しいですが、慣れるまでゴロゴロした違和感があります。

また、目にゴミは入った際はコンタクトレンズとの摩擦により激しい痛みが感じられ、そのことからも目に悪いと思われるようです。しかし違和感を感じた際に、すぐに外して洗うことができるため目を傷つけることを少しでも早く防げるといったメリットもあります。

手入れが簡単なこともハードレンズの特徴

専用の保存液は洗浄と兼用になったタイプは販売されており、洗浄液で洗った後に水で流してからケースに保存液と共に入れておくだけ。水道水で洗うことができるので、日中にレンズの汚れがきになった際にはずしてサッとあらうことも可能です。

 

ソフトレンズは装用感がなく使い捨てだから便利

極度の乱視でなければ、ほとんどの方がソフトレンズを使用しているのではないでしょうか?

水分を多く含む、柔らかい素材なので瞳になじみやすく痛みを感じにくいのが特徴。

1Dayや2Weekなどの使い捨て仕様なので期間を守っていれば清潔に使える安心感もあり、旅行先での紛失などトラブルも回避できます。メガネと併用で無駄なく使えるのも良いのではないでしょうか。

黒目よりすこし大きいサイズのためコンタクトレンズで覆われる範囲が広く、体質によって目の乾きや目ヤニが気になることもあり、ソフトレンズよりハードレンズの方が安定して装用できます。

ソフトレンズの手入れ方法について

1Dayなら必要ないのですが2Weekの場合は就寝前に外すことが望ましいです。

ソフトレンズは水道水で洗浄することは推奨していないメーカーをほとんどで、専用の保存液と洗浄液をきちんと使用して安全に清潔に使いましょう。

素材の性質から汚れが付着しやすいので見えづらいなど気になる場合は使用期間に関係なく、その都度新しいレンズに取り替えるほうが無難です。

 

便利な定額制のコンタクトレンズの活用

コンタクトレンズの使用方法は人それぞれ異なり、たまにしか使わないなら1Dayで充分ですけれど、ヘビーユザーは結構なコストが掛かっています。

しかも度数が合わなくなってきたとか、ハードレンズなら傷がついるかもだとか、その都度なんらかのトラブルがつきものなで買い替えも面倒なものです。

そんなコンタクトレンズの使用頻度が高い方は定額制のメルスプランをおすすめします。

実際にメルスプランの会員になって15年ほどの私はとても使い勝手がよいプランだと思っています。特にハードレンズの使用なら定額制が大変便利になっています。

 

メルスプランの特徴

入会して会員になり、月々の定額料を支払っていくシステムです。

使い捨てのソフトレンズは期間ごとに宅配で届けてくれるので購入忘れの心配がありません。

ハードレンズはいつでもレンズを交換できるので度数が合わなくなったとか、新しいレンズにしたいとか、破損したから交換してほしいなど、追加料金不要でレンズの交換ができます。

破損の場合はレンズの2分の1以上残っていれば O.K!

レンズはリース契約のようなもので、交換時には必ず返却が必要です。そのため、紛失した場合はレンズ1枚についき、5000円を支払うことになります。

月会費は1800円(税別)〜で選ぶレンズによって異なります。

 

メルスプランの加入方法

メルスプランの加盟店をネットで検索して最寄りの店舗で手続きをします。

加盟店は登録制なので、転居した場合は改めて登録する必要があるのですが、どこでもすぐに手続きをしていただけます。コンタクトレンズの専門店と眼科はだいたい隣接しているので眼科で検査を受け、メルスプランでどのレンズを使用するか決定します。

検査料金は自己負担。受診しないとメルスプランでの手続きが行えないことになっています。

1年ごとに新しいレンズに交換できるリニューアルサービスあるので、そのついでに受診するのは目の状態を知る上でもちょうど良い機会ではないでしょうか。

私はそうでもしないと眼科検診なんて行かないので、最低1年に1回は受診するペースができるのでメルスプランに加入して良かったと思っています。

リニューアル時期に関係なく、調子が悪いとか度数を変更する場合は6ヶ月以内なら処方箋が有効なので受診なしでも変更できます。ただし詳細は眼科に確認したほうがよい。

 

メルスプランのまとめ

入会はメルスプラン加盟店で登録し、必ず眼科検診をした上でレンズを決定する。加盟店は通いやすい場所を選び転居の際は改めて、最寄りの店舗でその旨伝えれば登録店を変更してくれます。

お支払い方法がカード払い。入会金と月会費(レンズごとに異なる)を支払う。途中でハードからソフトや別のレンズに種類を変える際、月会費が変わることもあります。いつでも元のレンズにもどせるので、しばらく別のレンズを使ってまた戻すことも可能です。

1年に1回、リニューアルできるので何の問題がなくても新しいレンズに交換。これはハードレンズの場合にとても良いシステムだと思います。リニューアルにあわせて眼科を受診をすることは、目の健康状態を把握できるチャンスでもあると言えます。眼科検診の料金は自己負担。

コンタクトレンズが破損してレンズが半分以上残っていない場合や紛失の際は、5000円の負担で交換。

入会ぢて1年未満では解約できません。

コンタクトレンズの交換時には使用しているレンズは返却する。使い捨てレンズの場合は不要。

メルスプラン愛用者の私自身は、たいへん便利かつ有効にメルスプランを利用させていただいているので、コンタクトレンズの使用頻度など、それぞれの状況に合うようであれば一度ご検討してみてはいかがでしょう。

メルスプラン公式サイト

-暮らし Lifestyle

© 2021 glarche Powered by AFFINGER5