食文化 Food

梅干しの簡単な作り方|ジップロックのフリーザーバックを使う

梅雨の時期に塩漬けにしておいた梅干しを干す日がやってきました。地域にもよりますがだいたい、6月の半ばくらいから店頭に並ぶ「南高梅」を購入して、梅干し作りに励みます。

梅干し作りはで気になるのが、途中でカビが生えるかもしれないということですが、ここ何年もジップロックのフリーザバックを利用して、冷蔵庫の中で保存するようにしたら、一切カビの心配はいらいないようです。

とても簡単に梅干し作りができるので、かなりおすすめです。

 

冷蔵庫で保存する梅干しの作り方

 

①6月中旬頃の梅雨真っ只中の時期に、傷のない形の整った綺麗な南高梅を売っているのを見つけて購入する。

②綺麗に洗って、水分が残らないように乾燥させます。

③梅のヘタを爪楊枝で取り除きます。ヘタの真ん中に爪楊枝を刺してクルッとすくい上げるようにすると簡単に取れます。ヘタを付けたままだと痛みやすくカビの原因になるので、必ず取りましょう。

④次に、一般的には梅を消毒するために焼酎を吹きかけるのですが、ここではお好みにお任せします。ちなみに私は一度もしたことはないけれど、カビを発生させてたこともありません。(冷蔵保存だからかしら?)

⑤梅1kgに対して、粗塩150g〜160gくらいをジップロックのフリーザバックLサイズに入れます。フリーザーバックをおすすめするのは、丈夫なのでのちに濃い濃度の塩分にも耐えてくれ水分も漏れを防いてくれるからです。心配な方は、二重にしても良いでしょう。

⑥梅と粗塩を入れたフリーザーバックを冷蔵庫の野菜入れやチルド室に入れて、その上に重しをします。重しは冷蔵庫にある野菜たちで代用できるので、一番したに梅を入れて下敷きになるよう上に野菜を置けば十分です。3日くらいで、写真のように水分がたまってくるのでそもまま放置します。

⑦2週間くらいすると、時期的に赤紫蘇が店頭に並びます。梅に赤い色を付けたい場合は、赤紫蘇を投入するのですが、赤紫蘇はアク抜きが大変です。何度も水をかえ、赤黒い汁がでなくまるまでしっかりアク抜きをしたら、茎をとりぞのき、葉の部分を梅酢でいっぱいになっているフリーザバックに入れて、引き続き冷蔵庫で保存します。

⑧ここからは、梅雨が明けるのをまって、快晴が続き夏日に梅を天日干ししましょう。直射日光に当てると赤い色が鮮やかになって梅干しらしくなります。

⑨梅の天日干しは好きだだけ行ってください。3日間くらいが一般的ですが、1日でも2日でも・・・干したあとはそのまま瓶詰めにするのも良いでしょうが。また梅酢でいっぱいになったフリーザーバックにもどして梅漬けもおすすめします。そののまま冷蔵保存するほうがが、カビも心配なく長期間保存できるのでおすすめします。

この冷蔵保存しながら作る梅干しは、フリーザーバック1つに対して梅1kgなので大量に作る場合は、冷蔵庫スペースとも相談が必要です。気が向いたら一度試して見てくださいね。

梅干しを食べる時期

自家製の梅干しは、土用の天日干しを終えたら食べれる時期になります。もういつ食べても良いのですが、もう少し熟成させてほうが、こくや旨味が感じられる美味しい梅干しまたは、梅漬けになってきます。

個人的には、夏場はがまんして秋ごろから食べるのがおすすめ。そして1年くらい経つとまたさらに美味しいくなるのでおすすめです。赤紫蘇を入れないバージョンでも、熟成させることで美味しそうな褐色になってくるのでその頃を見計らって食べてみるのが良いでしょう。

-食文化 Food

© 2021 glarche Powered by AFFINGER5