タロット Tarot

タロットカードの基本となる22枚の大アルカナの意味を解説

タロット占いでよく目にするタロットカードに描かれた人物や太陽などの絵柄は、それぞれに意味をなしています。タロットリーディングという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、タロット占いはカードの絵柄を読み解くことで占う目的にあった解釈をすることで意味をあらわしていくものです。

ここでは、タロットカードの基本となる22枚の大アルカナの意味を解説いていきます。

基本的な意味に加えてどのような解釈ができるか?

タロットカードの可能性を広げて自由にリーディングできると、自然に感覚を養われるような実感ができるかもしれませんね。

O 愚者|THE FOOL

シンボル=自由

明るく上を向いた顔や大きく広げた手には花。
そして、気ままな旅をする様は自由で楽観的な状態を表現しています。
よく見ると崖っぷちに立っており、一寸先が読めない不安定さも見られる。
ことから未熟さと可能性を秘めたカードです。

●正位置:予測不可能/どうなるかわからない
・自由で縛られたくない
・フリーランスな生き方
・直感と偶然
・無限の可能性

●逆位置:無責任/気まぐれに流される
・気まぐれでいい加減
・純粋だけど未熟な危うさ
・先が見えず期待外れ
・無計画で決断できない

 

I  魔術師:THE MAGICIAN

シンボル=創造性

頭上のインフィニティのマークは無限の創造性。
宇宙の四大元素「火・水・風・地」を含む絵柄から、物事を産み出す可能性を表現しています。
クリエイティブなアイディアを生かし交渉ごとが有利に動き始める。
みずから行動することで才能を発揮できるカードです。

●正位置:創造力と行動/準備が整い動き出す
・物事のスタート
・新しい恋のはじまり
・才能を生かした仕事
・頭の回転が速く器用な表現者

●逆位置:準備不足/都合の良く立ち回る
・迷いがあり消極的
・都合のよい恋愛
・準備不足で才能を発揮できない
・その場しのぎの悪知恵

II 女教皇:THE HIGH PRIESTESS

シンボル=精神性

女教皇(女司祭)は、高い知識と学問の象徴。
手に持った聖典から知的で聡明さと意識の高さをあらわしています。
左右にある白と黒の柱は相反する精神性を暗示。
教養を備えた女性の自己表現に対してストイックな理想を描いたカードです。

●正位置:知識と教養/潜在意識と深い感情
・理性的で優れた判断力
・プラトニックな恋愛
・誠実で自立したようす
・高嶺の花に憧れる気持ち

●逆位置:情緒不安定/能力不足からなる嫉妬
・神経質でヒステリックになりがち
・未熟で表面的な知識
・潔癖で未熟なようす
・うぬぼれや偏見がある

III 女帝:THE EMPRESS

シンボル=愛情

豪華でふくよかなクッションにゆったりと腰掛ける女帝。
身ごもったさまと黄金にかがやく麦の穂が豊かさを象徴しています。
盾にある金星の記号やハートは愛と喜びの可能性として表現。
樹々からは生命力をあらわし全体的に実り豊かな状態を女性性の象徴としたカードです。

●正位置:愛と喜び/実り豊かな可能性
・母性的で愛される
・妊娠、官能
・快適でリラックスした状態
・成熟し魅力的なようす

●逆位置:過保護/停滞して実りがない
・贅沢から放漫になる
・不妊、肉体関係
・依存しやすくだらしない状態
・浪費や無駄が成長を妨げる

IV 皇帝:THE EMPEROR

シンボル=社会性

牡羊を象徴とした玉座は男性性と社会性を端的に表しています。
占星術の牡羊座からも野心や情熱と行動力や探究心を暗示た姿です。
頑ななようすや闘争心は、目標達成するための責任感を表現。
独創的と孤独を持ち合わせたカードとも言えます。

●正位置:信頼関係/リーダシップ
・固い友情や結婚前提の付き合い
・支配力や決断力に優れている
・自信に満ちていて頼もしい
・地位と財産

●逆位置:幼稚で高圧的/行き詰まり頼りない
・打算的な付き合いから結婚に迷う
・人の意見を聞かず頑固で独裁的
・飽きっぽく無能力で頼りない
・過信と停止

V  教皇:THE HIEROPHANT

シンボル=道徳性

教皇(司祭)が、ひざまずいている2人の僧侶に道徳心や生き方を導き説く姿をあらわしています。
ラテン十字のローブは、精神性と宗教をバラとユリの花柄は愛と平和のヒューマニズムを象徴。
似たような風貌の皇帝は社会的な指導者とされ、教皇は人文的な指導者となる。
モラルや伝統から状況に合わせて読み解くカードです。

●正位置:習慣や模範/信頼関係
・師匠のアドバイスや援助
・祝福される結婚
・カリスマ性
・精神的な結びつき

●逆位置:斬新で革命的/信頼を失う
・好意を利用して信頼失う
・秘めた欲望で身体を武器にする
・偽善的
・価値観が合わない

VI 恋人:THE LOVERS

シンボル=潜在性

天使ラファエルに祝福される男女。
裸の自由と蛇の誘惑にある禁断の果実は、自ら選択して行動するという忠告が表現されている。
良い意味で、快楽と相まって崩れ落ちる可能性をバランスよく保つ心地よさ。
男性の具体的な顕在性と女性の思考的を象徴するカードです。

●正位置:夢中になる/バランス
・パートナシップ
・夢見心地で楽しい状態
・決断や交渉が成立する
・楽しみな恋愛

●逆位置:気まぐれ/アンバランス
・優柔不断と別れ
・不誠実で飽きっぽい
・決断できずに選択ミス
・その場しのぎの恋愛

VII  戦車:THE CHARIOT

シンボル=コントロール

戦車にのった戦士が白(肯定)と黒(否定)をあらわした2頭のスフィンクスをコントロールしています。
エネルギーを上手に使うことで、目標達成に進めることができると暗示。
正面を向いた戦士と2つの月が喜怒をあらわす強さと対立。
自分自身の意思で行動すると良いとされるパワフルなカードです。

●正位置:克服や勇気/エネルギーをコントロール
・勢いにのって前進できる状態
・目標が達成しやすい
・ライバルに勝つ
・状況が一気に展開し始める

●逆位置:失敗や挫折/気持ちの暴走
・路線変更を強いられる
・企画倒れで苦戦する
・ライバルに負ける
・敗北と逃避

VIII 力 :STRENGTH

シンボル=信念と本質

女性は、白いローブで純粋な雰囲気。
ライオンからは、野心・欲望を読み取れます。
女性の頭上にあるインフィニティのマークが無限の力を表現しています。
猛獣であるライオンを手なずけているようすは、権力や腕力に勝るのは愛であるという意味合いです。

●正位置:忍耐や信念/慎重と信頼
・諦めずに時間をかけることで得られる
・努力し続けることで敵を味方につける
・大器晩成の強運
・忍耐と勇気

●逆位置:諦め/自信のなさ
・自信も勇気もない弱さ
・目の前にあるものから逃げ出す
・達成せずに諦めやすい
・わがままを通したい

IX 隠者:THE HERMIT

シンボル=探究心

グレーのローブは白黒の中立を表しています。
手に持っているランタンの中に見えるヘキサグラム(六芒星)は、内省から希望や知識を読み取ります。
杖は、自身を確かめるための拠りどころです。
山の頂上に立っていることから目標の達成を読み取れます。

●正位置:現状維持/秘密・理想
・理想を求める探究心
・年上の相手または部下の存在
・メンタルの充実
・マニアックで専門的に学ぶ

●逆位置:妄想・過去/未熟・こだわり
・内向的で妄想主義に偏る
・気難しく孤独になりがち
・過剰なこだわりと未熟な思考
・隠し事や暗さから社会的に不適合

X 運命の車輪 :WHEEL of FORTUNE

シンボル=宿命

運命を象徴する車輪に時間をスフィンクスが司る。
車輪の周りでは、吉凶を冥界の神と蛇で表現しています。
四大使徒が、牡牛(地)・獅子(火)・蠍(水)・水瓶(風)のエレメントとして四隅に描かれています。
逆らえない運命の訪れが読み取れます。

●正位置:幸運・チャンス/成功
・直感が冴え幸運をつかめる良い変化
・新しい状況に臨機応変に対応できる
・より良い変化とチャンスを捉える

●逆位置:すれ違い/悪化・不利
・タイミングを逃しやすい
・アクシデントが起きる
・失敗や空回りに見舞われる
・違和感を感じる出来事

XI 正義:JUSTICE

シンボル=公正性

女性の裁判官が、天秤と裁きの剣を持って公正さを表しています。
男性的な裁判官を女性に描くことで感情のコントロールを中和して冷静さを見せます。
客観的で正しい判断力を両脇にある2つの柱から読み取れます。
後方にある幕は、意識と無意識を隔てるものと考えられています。

●正位置:対等/バランス・正当な判断
・つり合いのとれた対等な関係
・冷静でビジネスライクな判断
・好き嫌いを問わない感情

●逆位置:不公平/アンバランス・一方通行
・一方的で都合のよい判断
・打算的な関係をもつ
・やましさや罪悪感がある
・不公平な環境から生まれる不満

XII 吊された男 :THE HANGED MAN

シンボル=犠牲と静止

逆さに吊るされた男性から思い通りにならない状況を捨て価値を転換することが読み取れます。
キリストのような聖性を思わせる、穏やかな表情と頭にある後光(ハロー)が表現。
逆さまは、自惚れを捨て自信の心の状態をかえりみることを悟っています。
全体をとおして身動きが取れない状態を表した絵柄となっています。

●正位置:尽くす・犠牲/困難・停止
・一方的に尽くす恋愛
・物事の停止
・ストイックに耐え忍ぶ状況
・時間が解決するまで待つ

●逆位置:自分本位/焦りと失敗
・見返りを求めても失敗する
・焦って動いても何もかわらず苦しめられる
・自分の思い込みから身動き取れなくなる
・抵抗せずにじっと待つとき

XIII 死神 :DEATH

シンボル=終わりと始まり

死神の暗くて怖いイメージと遠くの太陽が日の出となり明るい未来を表しています。
白馬は、新たな始まりへのエネルギーや本能を意味します。
旗にある逆さに描かれたバラ(逆ペンタグラム)からは、過去を捨てる地点を表現。
骸骨は、執着を捨て去り、後ろに流れる滝が環境の突然の変化を暗示しています。

●正位置:新しい変化・環境/終わり
・現状をリセットして新たな環境へ向かう
・人生の節目となる時期
・過去からの決別をして未来に向かう
・ドライで合理的な考え方

●逆位置:行き詰まり・こだわり/始まり
・変化についていけずもどかしい状態
・行き詰まっても諦めきれない
・再出発や復縁
・過去の過ちにこだわり前に進めない

XIV 節制:THMPERANCE

シンボル=調和と調整

天使(ミカエル)が持つカップから、感情のコントロールやコミュニケーションを表現。
カップの水は、胸元の四角が表す四大元素を用いて、中にあるの三角形(不静・活動・柔軟)を流動させている。片方の足が水の中へ、もう一方の足が地に着いていることから、バランスを保つようすを表しています。
後方の後光(ハロー)と左側にある太陽と王冠からは、マイペースにインスピレーションに従うことを促す。
アイリスの花は、調和を意味しています。

●正位置:安定と調和/コントロール
・調和のとれた人間関係
・コミュニケーションを重ね意見を聞く
・効果的な方法が見つかる
・相性が良い

●逆位置:無茶で不安定/不器用
・進展しない状況や人間関係
・協調性がなくコミュニケーション不足を招く
・不器用で閉鎖的
・トラブルになりやすい

XV 悪魔:THE DEVIL

シンボル=囚われた執着心

悪魔に囚われている男女は、緩く繋がれた鎖から逃げずにいることから視野の狭さを表現。
男女の角や炎からエネルギーと情熱が現れ、欲望に忠実なようすを表しています。
悪魔の頭上にある逆ペンタグラムは、地下へ向かう意味から溺れ苦しんでも逃げられない状況。
魅力的な悪魔に振り回されるか否かを見極めるとき。

●正位置:欲望・執着/嫉妬
・欲望に甘え依存する状態
・悪い習慣や良くない環境から抜け出せない
・自制心が働かず、束縛から逃げられない
・誘惑にとりつかれ醜いようす

●逆位置:解放・無欲/克服
・腐れ縁や不毛な関係から解き放たれる
・コンプレックスを克服して自分と向きあえる
・惑わされずに現状を見極める努力をする
・人間関係の改善

XVI 塔 :THE TOWER

シンボル=アクシデント

落雷で破壊する塔は、何らかの目的や衝撃的な出来事をあらわしています。
嘘や虚構を意味する、偽の王冠が塔から落下しています。
雲は、曖昧なできことを意味しており、落雷は神の怒りと真実への気づきです。
何か新しい価値観を得たり大きなアクシデントがもたらされたりと変化が起きる絵柄となっています。

●正位置:トラブル・転落/個性的・激動
・生活環境が大きく変わる
・予想外のアクシデントやトラブルの発生
・大胆な感情表現をする
・衝撃的なできごとにより何かが壊れる

●逆位置:我慢の限界/目覚め・改革
・変化に対応できずショックをうける
・諦めきれず変われないようす
・長引く苦悩に惑わされ戸惑う
・いち度壊してやり直すタイミング

XVII 星 :THE STAR

シンボル=希望と理想

大きな星と周りにある7つの星が、希望となり目的へ導いています。
裸の女性は、偽りない純粋な心と曇りのない意識をあらわしています。
鳥からは、何かに夢中になり自由なひらめきや表現を読み取れます。
水瓶は、感情を浄化し循環させる役割を表現しています。

●正位置:順調/才能・インスピレーション
・起動に乗り良い方向へ進みはじめる
・才能が開花し認められて期待される
・思いがけず順調な幸運期
・何事もプラス思考で見通しが良い状況

●逆位置:失望/目標を見失う
・順調にいかず希望を見失う
・高すぎる理想にプライドが邪魔する
・目標が見えず見通しが暗くなる
・アイデア不足と無駄な努力

XVIII 月 :THE MOON

シンボル=神秘性

月が満ち欠けすることで内面の不安定や曖昧さを意味しています。
犬と狼が遠吠をして危険や不穏な空気を察知したようすをあらわしています。
ザリガニからは、水面からあがり犬と狼の間の道を通りすぎるまで不安を背負って見えます。
道の奥にある塔を越えるまでは、何が起きるかわからずはっきりしない状態。

●正位置:不安・恐怖/心配・悪い予感
・正体のわからない漠然とした不安をかかえている
・嘘や曖昧な状況から悩みネガティブになっているようす
・自分がわからず、白黒はっきりさせられない状態
・心が移ろいやすく、前にすすめない

●逆位置:安心・安緒/直感
・不安から解放され安心する
・嘘がバレ真実に気づく
・自分に正直になり我にかえる
・目標が定まり進むべき道がみえてくる

XIX太陽 :THE SUN

シンボル=幸福

白馬に乗った裸の子供から、解放的なエネルギーと可能性や活気が感じられます。
輝く太陽な生命力をあらわし、光の直線と曲線がそれぞれ顕在と潜在する意識と表現しています。
旗から勝利と栄光が、子供頭にあるひまわりの王冠からは、成功へと導かれるようすが描かれています。
本来の自分らしさを発揮して、自然と明るさを取り戻すような印象が見られる絵柄です。

●正位置:活気/成功・達成
・自信とエネルギーに満ちて成功を収める
・待ちわびた進展がみられ、明るい未来と幸運を手に入れる
・魅力が伝わりやすく、自己アピールから可能性が広げられる状況
・努力が実りやすい

●逆位置:衰え/失敗・見直し
・力不足から自分を出せず、失敗に終わる
・企画倒れや白紙に戻るような状況が、物事が中断する
・元気がなく虚しい気分で素直に喜べない
・自分を受け入れられない

XX 審判:JUDGEMENT

シンボル=復活

天使(ガブリエル)は、神の力を伝達する役目をもっています。
墓に眠っていた死者を蘇らせていることから、再生を意味しています。
海は、宇宙的な意識をギリシャ十字は、中心のバランスを保って復活のときを待っています。
終わったことでも、もう一度チャンスを与えらると読み取れる絵柄です。

●正位置:復活/決心・チャンス
・長い間心待ちにしていたチャンスが巡ってくる
・諦めて終わったことに、再開できる兆しが見えはじめる
・何かを決断するとき
・重圧からの解放

●逆位置:挫折/停滞・迷い
・準備不足でチャンスを逃す
・挫折し見失うことで、元に戻れない状況
・過去に縛られ決断できない
・良くないことから抜け出せず堂々巡りをしている

XXI 世界 :THE WORLD

シンボル=完成

月桂樹のリースは、完全なる勝利、成功や完成を意味しています。
四隅にあるケルビックサイン(4大使徒)は、守護神です。
両手に持ったワンドは、自信と意志を統合しバランスを保っているようすを表現しています。
上下にあるインフィニティ(無限の力)のリボンが祝福をあらわしています。

●正位置:成功・完成/勝利・現実
・成功し達成感に満たされる
・問題が解決し最高の結果が得られる
・自己を理解しそれに因んだ達成感を味わう
・すべてに祝福されている状態からひとつのサイクル終わり

●逆位置:未完成/不完全燃焼
・ものごとは進展せず不完全燃焼のまま
・現状維持を強いられ、達成感を得られない
・マンネリ化した状態から抜けられず満たされない
・腑に落ちない状況から不満が現れる

-タロット Tarot

© 2021 glarche Powered by AFFINGER5