Blog ブログ 食文化 Food

ドイツ直輸入のシュトーレンが毎年のように気になる

本場ドイツの伝統菓子には基準が定められている

ドイツの伝統的な焼き菓子は、バームクーヘンが有名ですね。

クリスマスの焼き菓子としては、シュトーレンが日本でもポピュラーになり、毎年多くの限定商品に注目したくなりませんか?

日本では、パティスリーやパン屋、洋菓子店などでオリジナルのシュトーレンが販売され、それはそれでとても興味深いに違いないのです。

しかし、ドイツでは、国を代表とする焼き菓子に「ドイツ食品典委員会」によって定められた「食品、生活用品、及び飼料に関する」法律的基準が設けられています。

基本的にシュトーレンは、ベースとなる小麦粉の30%以上をバター等の油脂と60%以上のドライブルーツを入れて作る必要があるのです。

この基本レシピのベースに20%以上のナッツを加えれば「ナッツ・シュトーレン」5%以上のマジパンを加えれば「マジパン・シュトーレン」というように、追加される原材料にも基準が設けられています。

よって、同じ原材料で作られたとしても比率が違えば、ドイツにおいてそれはもうシュトーレンではなくなるのです。

ドレスデン・シュトーレンの厳しい基準

シュトーレンは、ドリスデン組合というところが共同商標を登録している「ドレスデン・シュトーレン」と最高峰のシュトーレンがあります。

「ドレスデン・シュトーレン」は、ドイツ連邦食糧農業省によると、もっと厳しくシュトーレンの基準が管理されているようです。

例えば「型を使わずに手作業で成形をする」「重量は500g以上」「バター、グラニュー糖、オレンジピール、レーズン、アーモンド」などの限定された原材料と、その比率が厳格に記載され、人工香料・食品添加物・マーガリンは使用禁止となっています。

本場の「ドレスデン・シュトーレン」は、とっても興味深いですね。

日本でもシーズン限定で「ドレスデン・シュトーレン」を購入することができます。

日本で買える手軽なドイツ直輸入シュトーレン

今年は、いつも日本の店舗にあるオリジナルシュトーレンを購入することが多い私が、ドイツ直輸入のシュトーレンを試してみることにしました。

たとえ大量生産品だとしても、原産国ドイツのシュトーレンであれば、素材やレシピがドイツ基準と知ったからです。

クーヘンマイスターのシュトーレン(Kuchen Meister)

多くのスーパーでも見かけるのが「クーヘンマイスター(Kuchen Meister)」の”クラッシックシュトーレン”と”マジパンシュトーレン”ではないでしょうか?

ちなみに「マジパン」とは、アーモンドプードルを砂糖で練り合わせペースト状になったアーモンドの餡という感じのものです。

”クラッシックシュトーレン”と”マジパンシュトーレン”は、マジパンが中央に入っているかそうでないかの違いなので、マジパンを選んでみました。

クーヘンマイスターのシュトーレンを食べた感想は、「あっ、こっちが本場だわ」でした。

なぜかというと生地の素朴感が、ドイツ菓子好きの私にの好みだったからです。

きっと、厳密な原材料の配合が良ければ、日持ちと味のバランスがとれているのでしょう。

甘過ぎたり油脂が多過ぎたりしていないため、思ったより食べやすいと感じました。

私の知っているシュトーレンは、こってりとしたバター感と極端に甘い砂糖味の焼き菓子というイメージでしけれど、このシュトーレンの表面はパウダーシュガーではなかったので、素材の風味とドライフルーツの甘さがメインに感じられたのです。

これは、パウダーシュガーは湿気に弱く、遠いお国からやってくることを見越してなのか? 多分そうでしょう。

パウダーシュガーは湿気に弱くベタベタに溶けてしまうからです。

きっと本場ドイツ国内では、パウダーシュガーを使用しているはずなのでもっと甘いのでしょうね。

シュトーレンは真ん中から切って食べるのが正解

シュトーレンは、11月お終わりから12月初め頃に作り、クリスマスを迎えるまでの間、薄く切ったひと切れずつ食べていきます。

そして、丸ごとのシュトーレンは、真ん中から切って食べるスタイルが正しいようです。

何日もかけて食べるシュトーレンは、切り口が乾かないように残りの切り口部分を合わせて保管するように考えられています。

シュトーレンは、イーストで発酵されドライフルーツがふんだんに入っていることから、日に日に熟成して味わいの変化も楽しめる素朴で贅沢なクリスマスの焼き菓子ですね。

-Blog ブログ, 食文化 Food
-,